【TOEIC900点への道】Part5、Part6対策のために文法をとことんやりなおす

TOEIC

TOEIC900点目指して邁進中!
激務サラリーマンのサムサラです。

今年(2018年)7月のTOEICの結果を見て、リスニングとリーディングに110点も差があるのはいくらなんでもおかしいだろうと思った私。

リーディングがリスニングと同じだけスコアを取れたら合計850点になることに気づき、リーディング対策を本気ですることにしました。

スタディサプリEnglish コーチングプラン

文法は得意だと勘違いしていました

中学高校とずっと英語が得意で、大学も外国語学部出身の私(専攻は英米語じゃないけど)

「いまさら文法なんてやらなくても、ちゃんと理解できてるし~」なんてタカをくくっておりました。

ところが、Part5がものすごく苦手。
解くのに時間がかかる上に、正答率は50~60%という悲惨な状態。

4年くらいまえにTOEICを受ける前に特急シリーズのPart5の本をやってみたけど、あまり「できるようになった!」という実感は得られず。今年7月のTOEICもやっぱりPart5がイマイチで。

「これはひょっとして文法?文法ができていないんじゃないの?」とやっと思い至ったわけです。

スタディサプリTOEIC講座の文法にやっと手を付けた

7月の結果を受け、やっと文法の勉強をやり直す気になりました。

それまであまり手を付けていなかったスタディサプリTOEIC講座の文法のパーフェクト講義をやってみることにしました。

そしたらまあ。。
練習問題3題が全問正解できることがなく。。

私がPart5苦手なのは文法の仕組みを「知っている」だけの状態で「使いこなせている」状態にはなっていなかったのだなと。

そこから文法を毎日解き続け、全部の講義と演習問題を解き終えました。

さらに2周目に突入。
文法の知識が「使えるもの」として身についているかどうかチェック。

講義動画ももちろん飛ばさず全部見る。

すると、一周目では気づけなかったことに気づいたり、一周目と同じところで「あー、そういうことか」とリアクションしたり。

2周目だから動画見なくても大丈夫だろう、なんてことはぜんぜんなくて。むしろ、何度でも見る必要があるものだなと実感。

Part5の正答率が上がれば、当然Part6の正答率も上がる

Part6は、Part5でやるような穴埋め問題を長文の中の一文でやる、というイメージ。なので、Part5の正答率があがれば、当然Part6の正答率もあがります。実際、私の正答率もあがりました。

本音を言うと、Part5はもう無理なんじゃないかと思ってました。TOEIC900点が遠のきました。あまりにも正答率があがらなくて。

実は、私はPart5の正答率が上がらない「罠」にはまっていたので、正答率を上げるのにはまた別の対策が必要でした。

【TOEIC900点への道】Part5の正答率が一瞬で50%から90%にあがった話

2018.11.01

文法講義の2周目は正答率高く終えられました。
それとあわせて、前述の「Part5の罠」から抜け出す対策もとったので、Part5の正答率もだいぶあがりました。

リーディングに関してはまだまだ読み解く力も、読むスピードもあげていかないといけないけど、Part5のスコアが上がらない閉塞感は解消。これだけでもものすごく心が軽いです。

「自分は文法が得意なんだ」というのは勘違いでした。

なにごとも基礎が大事。

 

それを実感した出来事でした。

スタディサプリEnglish コーチングプラン