大人のフィギュアスケート質問箱:スケート靴の研磨の頻度は?

2019年6月に43歳でフィギュアスケートを始めました、サムサラです。

マイシューズを購入して、『研磨』という言葉を知りました。

滑っているうちにエッジが磨耗して横滑りするようになるとのこと。研磨のタイミングは人それぞれなので、どういう状態になったら研磨するって簡単に定義はできず、あくまでも自分の感覚で研磨のタイミングを図るしかない。

どのくらいのタイミングで出せばいいのか、自分のタイミングを知りたくて記録を取っていたので、記事にまとめます。

1回目(70時間滑走後)

スケート靴を買って70時間滑ったら横滑りし始めました。

その前に、イの字ストップがなかなか止まらなくなってきていて、それがエッジの磨耗だと気付くのに時間がかかりました。

研磨したらリンクにエッジが刺さる。イの字ストップすら怖くてできない状態。

もう少しエッジを落としてもらうこともできるそうなんだけど、ショップに持っていってお願いする時間がなく、とりあえず滑り倒してなんとかすることに。3日くらい滑ったら違和感なくなりました。

このときに、エッジが磨耗した状態に慣れてしまうと研磨後とのギャップに苦労するなーと感じたので、2回目はもう少し早めに研磨に出そうと決めました。

2回目(40時間滑走後)

2回目40時間で研磨に出してみました。まだはやいかもしれないけど、実験的に。ショップスタッフからは『まだ研磨しなくて大丈夫だよ』とは言われなかったので、早すぎるわけでもなさそう。

研磨後、1回目のときのようなギャップはなく、スムーズに滑ることができました。

3回目(60時間滑走後)

60時間くらい滑って、横滑りしまくるように。もっと早く研磨行きたかったのにタイミングを逃してしまってなかなか研磨に出せず。

とうとう何をやっても横滑りして上手くいかないので、焦ってショップへ。フィギュアのブレードを研磨できるスタッフさんが長期不在で、その場にいたスタッフさんに研磨してもらいました。

研磨直後から、なんかバリがあるような引っかかり。普通にフラットで直進するだけで氷に引っかかりまくる。10時間もしないうちに横滑りするようになるし、これは私にとって合ってない状態なのでは?と直感。研磨する人を選ぶのって大切なんだってことをこのときに実感。

この頃に個人レッスンの先生からおすすめのショップのスタッフさんを教えてもらったので、早めに研磨持っていくことにしました。

4回目(20時間くらい?)

年末年始に滑りまくる予定だったので、年末年始に横滑りしないように本当は12月に入ってから研磨したいなと思っていました。でも、前回の研磨後のエッジの状態がどうにも私に合わない。

これは無理だなと諦めて、早めに研磨に出しました。個人レッスンのときに先生から紹介してもらったショップのスタッフさん。日曜日の午前中にご指名で研磨をお願いしたら2時間待ちw

ゆっくりカフェでもちもちとごはん食べながら読書してたら1時間で研磨完了の連絡。

もうね、全然違う。

氷に乗った瞬間からぜんぜん違う。見た目にも全然違う。職人すごい…

もう、これからずっとこの方にお願いしようと決めました。研磨がこんなにも滑り心地に影響あるとは。

5回目(60時間滑走後)

年末年始のひとりスケート合宿前に研磨に出せず、そのまま帰省。

帰省する前からもう既に横滑りの兆候はあって。前回の研磨から45時間過ぎたくらいからイの字ストップのかかりが悪くなってきました。

ひとり年末年始合宿の3日目くらいからクロスロールで横滑りしたり、片足スネークで横滑りしたり。もうこれはぜったい研磨に出さないといけないなと。東京戻ってすぐ、研磨出しました。

予想はしていたけど、研磨後にまた滑れなくなりましたw

正確にいうと、止まれなくなりました。ズルズルに横滑りするエッジでイの字ストップしていたから、その感覚で止まろうとするとガッとエッジが氷に刺さったような状態になって転びそうになりました。

ひたすら何周もイの字ストップを練習する私。止まれない恐怖には勝てません。

研磨に出すとき「仕上がりの好みはありますか?」と聞かれ、「まだよくわからないので標準的な感じでお願いします」とお願いしました。今回、研磨の間隔がかなり開いてしまったので、次回40時間くらいで研磨に出して「標準的な感じで」研磨してもらってそれでも止まれないとかだったら、仕上がりをスタッフさんに相談しようと思います。

ちなみに、私の場合、いつも研磨後3回目くらいの練習でエッジの違和感がなくなります。研磨直後はイの字ストップすらできなくて、ひたすら何周もイの字ストップを練習し続け、その日は止まろうとするタイミングで毎回ヒヤヒヤしますが、2回目には恐怖感を覚えることは少なくなり、3回目の練習のときには違和感なく滑れるようになります。参考まで!

6回目(100時間滑走後)

40時間くらいで研磨に出そうと思っていたんですが、ブレードの位置調整を優先していたのでなかなか研磨できず。ブレードの位置調整と研磨を同時にやっちゃうとブレード位置を動かした影響なのか研磨の影響なのかわかんないですし。

週6でリンクに通っていて研磨をお願いするショップがリンクから遠いところだと、なかなか研磨のタイミング調整が難しいなと思いました。しかも私の場合は研磨をお願いするスタッフさんを決めていて、そのスタッフさんは複数店舗あちこち掛け持ちで。

そんなこんなで、なかなかタイミングが合わなくて、横滑りするようになっても研磨に行くことができなくて、気付けば前回の研磨から100時間も経ってました。

この間に滑り方が少し変わって前よりも氷を押せるようになって、前は60時間くらいでズルズルに横滑りしていたのが80時間くらいまではなんとか普通に滑れました。それだけが救い。

今回、「仕上がりはどうします?」と聞かれたときに、「研磨直後に止まれなくて怖いので、いい感じにお願いしたいです」とザックリとオーダー。「研磨のタイミングが早くなっちゃいますけど良いですか?」と確認されたけど、もともと研磨は贅沢にやっていく方針なので問題なし。

研磨のタイミングと頻度について

エッジの状態の好みは人それぞれですし、滑り方によってエッジの磨耗の仕方も違いますし、氷を押す力の掛け方によってエッジのかかりも違うので、これはもう人それぞれ自分で研磨のタイミングを調べていくしかないなと思っています。

研磨すれば当然ながらエッジは減ります。頻繁に研磨すれば、その分ブレードの寿命も短くなります。

でも、エッジの状態が良くない状態で練習しても成長スピードが遅くなってしまうかもしれないし、エッジの状態が悪いことが原因で伸び悩むなんてこともしたくない。

私の場合、研磨に持っていくタイミングが合わなくてズルズルに横滑りするようになっても研磨行けない、なんてことも起こってしまうので、早め早めに研磨に出して滑りやすい状態をキープしたいなと思います。

今履いているブレード(コロネーションエース)が研磨できなくなったらパターン99かゴールドシールのレボリューションに履き替えると決めているので、上級者ブレードに見合ったスケーティングスキルを身につけるための投資と思って贅沢に研磨しようと思います。

研磨できなくなるほど練習した、っていう達成感がきっとあるはず!