大人のフィギュアスケーターがスピンを習得するまでの全記録(リアルタイム更新)

2019年6月にフィギュアスケートをはじめました、サムサラです。

大人からフィギュアスケートを始める人にとって、憧れのひとつがスピンじゃないでしょうか。

私自身はスピンにそれほど憧れを抱いてはいなかったのですが、それでも、自分がフィギュアスケートを始めてから「スピン」は上級者への登竜門的なナニカに思えてきました。それで「スピンを教わる」ということが、目標というか、マイルストーンのひとつみたいになりました。

この記事では、40代からフィギュアスケートをはじめた大人スケーターがスピンを習得していく過程の全記録を、リアルタイム更新で公開していきます。

記事は随時更新されます。

大人のフィギュアスケートのはじめかた(総集編)

2019年5月2日

両足スピン

スピン練習の最初は両足スピンです。

これは、回転軸ってなんぞや的な感覚を養うのと、「目が回らないように訓練する」のふたつの目的がある練習のような気がします。

最初はどうしても目がまわります。でも、練習していくうちに目が回らなくなります。その練習としての両足スピン、そんなふうに先輩スケーターも言ってました。

2020年2月(スケート9ヶ月目)

個人レッスンで両足スピンを教えてもらいました。

まずは、両腕を広げ、両足でその場で足踏みしながらくるくるとまわります。その勢いのまま足を止めて、その場でくるくるーと回転・・・するはずなんですが、そのレッスンの時間は一度もまわりませんでした。

「スピンエリアで練習していいですよ」って先生から許可が出たので、リンクに行くたびに何回かくるくるする練習していこうと思います。

そして重要なのがこれ。
目がまわらないようにするという壁を乗り越えなければ・・。家でも両足で足踏みしながらくるくるして早く慣れたい。

2020年3月(スケート10ヶ月目)

1週目(スピン練習2週目)

スピン練習3回目。まだ3回目。
レッスンから10日間何してたの?なんで練習しなかったの?ってのは、体験談記事にかきました。

この日、初めて両足スピンがまわりました!

やっと!
やっとスピンの第一歩を歩みだすことができた気分です!

大人のフィギュアスケート:初めてスピンがまわった日。

2020年3月5日

3週目(スピン練習4週目)

両足スピンで3回転できました!

このとき、左足と右足の足の裏の感覚がものすごくクリアに感じられて。左足は後ろ、右足は前の方に荷重するんだけど、いままでなんとなく荷重の位置がつかめなかったのが、『あ、良いとこ乗れてる!』って感じられました。で、両足でくるくるくるーと滑る感覚とともに、3回転まわれました。

まだまだ3回転だけど、1回転から増やすのってなかなか壁がある気がしてて。1回転は軸がなくても勢いで回れるけど、それ以上まわるのは軸がちゃんとないとダメなんじゃないかなって。

上手くまわれるときにはこの軸がピンと1本通ってる感覚が感じられて、ほんとうに気持ちよくまわりました。怖いけど 笑

こうやってまわれる確率は毎回上がってきていて、スピンってほんとうに練習すればするほど上手くなるものなんだなって思いました。とりあえず、週末の個人レッスンまでに5回転以上できるようにはしておきたい。

ちなみに、まだ目はまわります。まだそれほど練習してないし当たり前ですけど。

でも、綺麗にまわれたときは頭が少しくらくらする程度で済みます。上手くまわれなくてヨレヨレしちゃったときは、頭がぐわんぐわんします。目が回るというより、私の場合はいつも頭がクラクラする感じだなあ。


まだまだ続きます。
進展あり次第、リアルタイムで更新予定!

大人のフィギュアスケートのはじめかた(総集編)

2019年5月2日