初めてブレードを買い替えました。Coronation Ace Revolutionのレビューなどなど。

2019年6月にフィギュアスケートをはじめました、サムサラです。

初心者スケーターが最初に履くブレードといえばコロネーションエース。私も例にもれずコロネーションからの出発です。

フィギュアスケートを始めて1年半が経過し、初めてブレードを付け替えました。

今回はこのブレードの付け替えについて記事を書こうと思います!

そもそもブレードを変えるタイミングって?

ブレードには研ぎしろがあって、その研ぎしろがなくなったらもう交換するしかありません。

でも、研ぎしろが残っていればずっと使えるかと言うと、人によってはそうではないんですね。

みなさんご存知のとおり、氷と接するエッジ部分はカーブしています。このカーブが、研磨していくとどんどんぺたんこになってくるのです。

コロネーションのカーブ半径は7フィートですが、これが、研磨していくうちに8フィートとかになってしまうわけです。

もちろんそれで気持ちよく滑れるなら問題ないのですが、問題は新品に付け替えたとき。カーブぺたんこのブレードから新品ブレードに変えたとき、カーブがいきなり復活します 笑

同門のベテラン先輩スケーターが新品ブレードに付け替えたとき「カーブが復活してすごい違和感・・」と言ってたくらいなので、ギャップが大きければ大きいほど、新品ブレードに慣れるのが困難になる可能性があるということ。

私は感覚過敏なところがあるので、そういうギャップや変化にとことん弱い。

いつもお世話になっているショップのスタッフさん(元選手)も、新品に付け替えたときのギャップで苦労することがないように、研ぎしろが残っていたとしても、選手には早めに交換することをおすすめしているとのこと。

他にも、研磨してブレードが減ってきて、バックで滑るときにトウが引っかかりやすくなってしまったりとかで早めに付け替える人もいるそうです。

私の場合は、もう手元に新品ブレードが届いてしまったのと、新品ブレードと使用中の初代ブレードを並べてみたときに、視覚的に「あ、カーブが違う」と気付いてしまったことから、もう付け替えることにしました。

このとき、研ぎしろは新品の半分以下でした。使う人はまだまだ使えると感じるくらいの研ぎしろの残り具合ではあったと思います。もったいないって言うひともきっといるだろうなってレベル。

でも、トウはひっかかりやすくなっていたし、なにより、新品ブレードに付け替えてテンション上げて練習に励んだほうがいいかなって思って。それで、ブレードを新品に付け替えることにしました。

2代目のブレードはこれにしました!

初代は言わずもがな、コロネーションエース。

ド定番のやつです。

「コロネーションを履きつぶしたら上級ブレードに変えるんだ!」なんてことを言っていた時期もありました(遠い目)

1年半経過しブレードを付け替えようとしている今、まだ上級ブレードを履けるような腕前ではないなと思いました。

そりゃそうよね、私まだバッジテスト初級ですもの。ジャンプもスピンもまだまだだし、スケーティングだってまだまだです。

研ぎしろが半分以下になって次のブレードをどうするか考えているとき、やっぱり次もコロネーションだなって思いました。

でも同時に「またコロネーションか(つまんない)」とも思いました 笑

なんか、気分変えたくなるんですよ。違うブレードを付けたい。

「ブレード変えるとテンションあがりますよね」ってショップのスタッフさん(元選手)も言ってたくらいなので、きっとみんなブレードを変えるとテンションが上がるのだと思います 笑

そこで、「コロネーションだけどちょっと違うやつにしよう」って考えて、Coronation Ace Revolutionにしました。

Coronation Ace Revolution。日本未発売です。

Coronation Ace Revolutionを選んだ理由

Coronation Ace Revolutionは、John Wilsonの公式サイトを見ていたので存在はだいぶ前から知っていました。日本で売られてないなあということも、なんとなく知っていました。

でも、Instagramとか見てると欧米ではけっこう人気があるんですよね。EDEAのPianoやIce Fly、RisportのRoyal Eliteにつけている人もいるくらい。高い靴にもコレつけちゃってる人が普通にいるくらいには人気。

もしRevolutionを履くなら、いつもお世話になっているショップにお願いして海外から取り寄せするか自分で個人輸入するしかないなあ、そんなことを考えつつ、次のブレードの候補に入れていました。

2020年にはいってCoronation Ace Liteというブレードが発売されました。レボリューションデザインの、軽くて丈夫なブレード。普通のコロネーションと同じように金属部分がキラッキラで、これはこれですごい素敵なやつ。

当然、Liteも次のブレード候補に入りました。

が、すぐに候補から外れました。

Liteは、カーブ自体はコロネーションそのものだと思うんですが、エッジの幅が細いと思われるから。John Wilsonのサイトを見るとこう書いてありまして。

The Coronation Ace Lite will help develop skills up to double lutz, utilising the same 7ft rocker profile and coarse cross-cut tooth configuration as the traditional Coronation Ace but with the added benefit of a thinner blade allowing for quicker change of edge and improved glide.

John Wilson公式サイトより

まあ、「thinner blade」って書いてありますよね。どのくらい細いのかわかりませんが、トラディショナルなコロネーションより細いのは確実。

というわけで、私の候補から外れました。今使っているトラディショナルなコロネーションとまったく同じエッジで、もうちょっと練習したいなって思って。

それで、Coronation Ace Revolutionにしようと決めました。これならまったく同じエッジで練習できそうだなと思って。

まだこのときは、ブレードの付け替えはもうちょっと先になるだろうなと思っていました。ブレードを付け替える2ヶ月くらい前のことです。

Coronation Ace Revolutionが生産終了になった?

John WilsonがPhoenixという新しい上級ブレードの発売をチラ見せし始めたころから、新しいもの好きな私はJohn Wilsonのサイトをけっこう頻繁にチェックしていました。早く新しいブレードの情報が出てこないかなーと期待して。

そして11月のある日、異変に気が付きました。

Coronation Ace Revolutionが商品ページからなくなっている。

これは大変です。次はレボリューションにするって決めたのに、生産終了ってこと?

世の中からレボリューションの在庫が無くなる前に入手しておかないと、Liteしか選べなくなってしまう。

ということで、すぐにイギリスのWEBショップにアクセスし、秒でBUY NOWしました。海外サイトでのショッピングに心理的なハードルがなくて良かった。

ほんとに生産終了なのかよくわからないですが、とりあえず手元にRevolutionは来ました。これで一安心。

そして、ブレードを付け替えました

手元に届いたレボリューション。しばらくはまだ付け替えないつもりでいました。

初代コロネーションの研ぎしろは半分弱残っているし。まだ付け替えなくていいでしょう、そんなふうに感じていました。

でもね。やっぱり新しいブレードで滑りたくなるのですよ 笑

あと、さっきも書いたとおり、あんまりカーブがなくなるまで履いてしまうとブレードを新品に交換したときのギャップが大きくなりすぎる。私はギャップや変化に弱い人なので、早めに変えたほうがいいだろうということで、もうブレードを付け替えることにしました。

もうひとつ理由があって。

先月身体のメンテナンスのためにトレーナーさんのところに通いだしてから週1で激しく身体のバランスが変化していて。身体の新しいバランスに慣れるまで、施術の次の日から数日は、必ず滑るときのバランスが取れなくなってました。

このタイミングについでにブレードを変えてしまったほうがいいなと。どうせバランスが変わってグラグラしてうまく滑れないのだったら、ブレードを変えてしまうにはちょうどいいタイミングなんじゃないかって。

というわけで、いろんな理由をつけて、ブレードを付け替えました。

もっともそうな理由つけてますが、結局のところ「新しいブレードに変えたいから変えました」ということです 笑

Gold SealやPattern99のレボリューションとはちょっとデザインが違うので、すぐにコロネーションだとわかります。MKのProfessionalも同じデザインです。

Coronation Ace Revolution さらっとレビュー

ものすごく軽いです。

もともと普通のコロネーションでもそれほど重いとは感じてなかったんですが、スパイラルやるときはさすがに気合い入れて足上げてた感じがありました。レボリューションはそんな気合いは不要です。そのくらい軽い。

スケート靴履いていても、ちょっと重めのワークブーツくらいの感じです。私にとってはまったく違和感ない重さ。

エッジのカーブ半径やエッジ幅は普通のコロネーションと同じなので、特筆することはありません。ですが、新品に変えたら予想外にすごく滑りやすくなりました。詳しくはあとの項で書きます。

そして、これはもう完全に好き好きの問題ですが、ストップするときの音が軽いです。

普通のコロネーションなら「ジャッ」って音がするような場面で「シャッ」って感じの軽い音がします。私は普通のコロネーションの音のほうが好きかなあ。「音?」って感じかもしれないですが、マニアな人がいるかもしれないので念のため。

レボリューション特有のカーボン部分ですが、滑ったあとに雪を払ったり拭いたりするとき、なにげに雪が取付台と靴の間に入り込んでしまったりしてちょっと面倒です。普通のコロネーションだったらあっという間にしゅしゅっと拭けるのに、けっこう丁寧に拭いてやる必要があります。

滑っているとき、氷とエッジが触れている部分の感触がカーボン部分に響くような感じがします。これは普通のコロネーションにはなかった感触で、慣れの問題だとは思うんですが、最初は違和感を覚えました。気にならない人は気にならないと思います。響くからナニってわけでもないですしね。

レボリューションの良さは「軽さ」なんだなとしっかり感じられるくらい軽いので、普通のコロネーションで重いと感じている人にはおすすめです。生産終了かもしれないけど。

新品に変えたら滑るのがすごく楽になった

あえて見出しをつけて書きたいくらい、一番書きたかったのはこれ。

新品に変えただけで本当にすごく滑るのが楽になって、なんならすごく上手くなった気がするし、たぶん本当に上手くなっていると思うし、滑ること自体がすごく楽しくなりました。

新品に変えて滑り出してすぐ、「カーブが全然違う!」ってなりました。カーブの存在をものすごく実感できるくらい、古いブレードと新しいブレードのカーブの違いが明確にわかりました。

研磨を何度もしていくうちにカーブ半径が変わってしまうんですよ。私の場合は、特にバックのときに体重を乗せるあたりからトウまでの間のカーブがすごく変わってしまってました。新品ブレードと並べたときに「ああ、ぜんぜん違う」って目視できるくらい。

新しいブレードに変えてバックで滑ってみて、エッジのカーブの違いがよくわかりました。で、「私はあんまり良い場所に乗れていないんだな」って思いました。エッジの上で体重がグラグラして安定しなかったので。

友人も同じ時期に新しいコロネーションに付け替えたんですが、友人は本当に研ぎしろがなくなるくらい使い込んでから新品に変えたので、ギャップが大きすぎて最初本当に苦労してました。「バックでぜんぜん滑れない、怖い」って。

私は研ぎしろが半分弱になった時点で新品に付け替えたおかげか、2日目の途中くらいにはもう慣れました。

で、新品のコロネーションってこんなにも滑りやすいんだ!って思いました。

スケートの伸びがぜんぜん違いました。明確に違いが出たのが、バックのフロントクロス→チェンジエッジを滑っているとき。クロスしたあとのチェンジエッジが伸びる伸びる!「なにこれ私すごい上手!」って思うくらい伸びる伸びる。

ほかにも、カーブのおかげでスリーターンがすごく楽にできるようになったり、スネークが楽になったり、なにをやるにもとにかくすごく楽になりました。フォアアウトのスリーターンなら、かなりスピードを出しても吹っ飛ばないくらい、怖い思いもせず気持ちよくターンができるようになりました。

一般的に、エッジのカーブ半径が小さいと運動性能が高い=ターンがやりやすいと言われているようです。それを、すごく実感しました。

ブレードを変えて気付いたこと

とにかく、バックのときに良い場所に乗れてなかったことに気づきました。

いままで、「バックで滑るとトウが引っかかる」と思っていたんですが、これも勘違いだと気付きました。トウはたしかに引っかかっていたんですが、正確には、トウに頼って滑ってたんだなって思いました。

新しいブレードに変えて、バックで滑るときにトウが引っかからなくなりました。そして、すぐにトウに頼って滑っていた自分に気付きました。

モホークターンのときにスピードが出るのをトウを引っ掛けて減速してたり、スリーターンはエッジに乗れてなくてうまくターンできないのをごまかすために、トウでターンしたりしてたんですよ。

新しいブレードに変えてトウが引っかかりにくくなって、良い機会なので、トウをとにかく引っ掛けないように滑る練習をしています。モホークターンのときに減速しないでターンすることになるので、最初はすごく怖かったです。でも、すぐに慣れました。

そして、バックのときにエッジの「いいところ」に乗る練習をまたやり直しています。良いところに乗れていなければこの先いろんな場面で困るのは明白。いまやっておけばこの先の技術の習得も楽になるはずだし、地味な練習だけどちょっと根詰めてやっておこうと思います。

とにかく変えてよかった!

本当に、ブレードを新品に変えてよかったって思っています!

なにより、滑る楽しさが戻ってきたと言うか、たぶん今までで一番楽しい状態になってます。ほんとうに滑りやすくて、いまならいろんなことに挑戦できるなあって思えるくらいです。

年末年始に9連休を全部スケートの練習につぎ込む予定なので、このタイミングで変えて正解でした。

コロネーションでまた基礎を磨いて、次は上級ブレードに挑戦したいって思います。

憧れはゴールドシールだけど、コロネーションのカーブがほんとうに滑りやすいので、ひょっとしたらカーブ半径がコロネーションと同じ、ゴールドスターやファントムのほうが良いのかもしれません。

それはまたいまのコロネーションの変えどきがやってきたら、先生と相談して決めようと思います。