大人のフィギュアスケート、成長記録(1年6ヶ月目・2020/11)

43歳でフィギュアスケートをはじめました、サムサラです。

私がホームリンクにしているシチズンは、来年1月末のリンク閉鎖まであと少し。いまになって、リンクでいつも会うみんなとバラバラになるのが寂しくなってきました。

ほんとうに良いところなんです。小さな子から大人までみんな仲良しでアットホームで。

小さなお友達やJKJDのスケート仲間ができました。ガチの大人スケーターもたくさんいて、たくさんの先輩方に励まされながらここまでやってこれました。

たった1年ちょっとだけど、その1年ちょっとでこんなにも大切な場所になるなんて思わなかったです。閉鎖までの残り2ヶ月、毎日を大切に滑りたいなって思います。

成長記録のすべての記事の一覧はこちら

大人のフィギュアスケートのはじめかた(総集編)

1ヶ月の練習時間

  • 週1回のクラスレッスン(60分)4回
  • 個人レッスン(20分)4回
  • 個人レッスン(30分)2回
  • 自主練 28日

トータル:28日、70時間(累積:825時間)

今月も平日に2回有休を取ってレッスン&自主練しました。平日の昼間は本当にすいていて快適。レッスンも周りの人にぶつかるかも?とビビったりしなくていいので、のびのびとやれます。

年明けからは昼間に練習することになるので、いつもこんな良い環境で練習できるのかなって考えるとすごく嬉しいです。

スケーティングをみっちりと

今月の前半はスケーティングをみっちりとレッスン受けました。いつもレッスン内容は先生におまかせのことがほとんどで、先生が「これやってください」ってどんどん指示出してくれて、私はそのとおりやる。

滑って、先生からアドバイスもらって、アドバイスどおり滑って、必要があればさらに修正して・・みたいな感じです。アドバイスもらって即そのアドバイスを反映して滑れると、なんとも言えない満足感と達成感があります 笑

先月からクロスロールやスリーターンクロスなど、スケーティングに力を入れてるな〜という感じはしていて、今月の前半も引き続きみっちりでした。

よくよく考えると、プログラムの大半はスケーティングなんですよね。ジャンプとかスピンで使う時間ってほんのわずか。ほかは全部スケーティングなわけで。

そのうち試合に出たいと思っている私にとって、スケーティングをみっちりやってもらえるのはほんとうにありがたいです。どうせなら美しく滑りたいし、PCS(演技構成点)を稼げる人になりたいし。

ストロークやクロスロールがきれいに滑れるようになるための練習は、他の全部に良い影響を与えてくれる気がしています。姿勢なんかは特に。

毎日の練習で必ずレッスンで教わったことを思い出しながら練習したので、けっこう良くなったんじゃないかなーと思います(自画自賛)

ツイズルはじめました

スケーティングのレッスンのあと、おもむろに先生からひとこと。

「じゃあ次、ツイズルやりましょっか」

できるだけサラっと言ってみたそうですw
サラっと言ってもインパクトはでかいです、先生。

もっと先だと思ってました、ツイズル。だってダブルスリーターンもレッスンでやったことないのに。私が勝手にダブルスリーターンを練習しているのはもちろん先生は見てるんでしょうけど、それにしても唐突でした。

まずは1回転から。レッスン中はとにかく恐怖で、やたら勇気が必要でした。初めてやってみる前に、心の準備がけっこう必要でした 笑

その日の夜に家でイメトレして次の日にやってみたら、それなりにできた気がします。右足フォアの左回りはビビって途中でフリーレッグが氷についてしまうんだけど、左足フォアの右回りは問題なく1回転できて。「あれ?」ってかんじ。意外にできた。

バックも練習しておくように言われたんですが、最初は怖くてなかなか思うように練習できず。やることはフォアもバックも同じなのに(厳密にはエッジの使うところが違いますが)、進行方向に対して背中を向けるだけでなぜこんなにも怖いのか。

ツイズル憧れでしたー。もっと先になると思ってたんだけど、練習始められたこと自体はすごく嬉しいです。3回転くらいくるくるできる人になりたいです。

いまやってるのはこんな感じの片足で1回転する練習です(エッジカバーは使ってないですけど)

魚の目ができましたw

7月の終わりに靴を買い替えたとき、試着ではなんともなかったはずなのに、ヒートして履いてみたら右足の親指が靴に当たることに気付きました。

指を上げると爪が靴にあたって指が自由に動かなくて、指の付け根の関節が痛くなることがあって。外反母趾で足が変形しているのもあって、わりとすぐにコブ出しをお願いしました。

多少指は楽になったものの、まだ指が自由に動くという感じでもなく。でもまあ、かかとに合わせてトントンして上手に靴を履けば痛いというほどでもないし・・とそのまま履き続けていたら、あるとき、親指の爪の脇のところが痛くなりました。

爪が食い込んでるのかなとか、巻爪なのかなとか、いろいろ対策をしてみたものの改善せず。症状を入力してググってみたら、どうやら爪の脇部分にも魚の目ができるそうで(爪溝鶏眼そうこうけいがん、爪体下鶏眼そうたいかけいがん、とか言うそうです)

「あ、これだわ」ってなりました。「小指の爪の外側の端が割れてるような気がしてたけど、これも爪溝鶏眼だ、たぶん」って思ったので、すぐにググってフットケアサロンを予約。大きな病院の皮膚科の先生と連携を取りながら施術しているサロンを発見したので、そこにお願いすることにしました。

と同時に、研磨のタイミングでコブ出しもお願いしました。靴の中を見ると親指が当たっていたところががっつり黒くなっていて「これはだいぶ当たってましたね・・」とスタッフさん。もっと早く相談したほうが良かったのかも。

コブ出しで痛いところにはまったく当たらなくなりました。これだけでかなり嬉しい。

フットケアサロンで爪の脇の角質をメンテナンスしてもらったら、魚の目ではなかったです。ただ、だいぶ爪が靴に押されてしまっていたので、皮膚に食い込んでいる陥入爪になっている可能性があると。痛みが引かないようであればテープを貼って陥入爪対策しましょうとのことでした。

結果的にはコブ出しと角質ケアで痛みは解消。

ついつい痛みを我慢してしまう癖があるので、重症にならないうちに誰かに相談しなくちゃなーと思った次第。

ボディケアはじめました

トレーナーの先生のところに通い始めました。

18歳のときにぎっくり腰デビューして以来、整体や整骨院などに通って月1くらいでメンテはしていたんですが、コロナ対策で2月以降通っておらず・・。

そうこうしているうちに半年以上経過し、骨盤の歪みが素人のワタシでもわかるレベルに。立って鏡を見れば骨盤の向きが歪んでいるし、脚を前に伸ばして座ると左脚が2〜3センチ短いのがわかるくらいには身体が歪んでました。

これで困ったのがスピン。キャリングからスピンに入れない。左脚にがっつり乗りたくても、骨盤の位置がおかしくて乗れてないんだそうです、先生曰く。

で、先生にお願いしてトレーナーの先生を紹介してもらいました。

先生(スケート)から先生(トレーナー)へのオーダーは「左足にがっつり乗ってキャリングでスピンに入れるようにしてください」

これで通じるからありがたいです 笑

スポーツ経験はないから身体が柔らかくなることなんてこれまでの人生で一度もなく、ぎっくり腰のおかげで、それはもう「鉄板みたいです」なんだそうです。

のびしろしかない私の身体ですが、さっそく効果は出てきていて、施術の次の日は氷の上でバランスがぜんぜんとれません 笑

歪みを矯正すれば、そりゃあ身体のバランス変わりますよねって。いままで歪んだ身体に順応していたバランス感覚が一気に崩れます。陸で片足で立てないくらいにはバランス変わります。

週に1回生まれたての子鹿に戻っては新しい身体でバランスが取れるように練習頑張る、これの繰り返しです。3回目くらいから大きくバランスが変わって子鹿に戻ることはなくなったけど。

お陰様で、2回目の施術のあと、スケートの先生が「すごく良くなってます!」って10回くらい言ってくれるくらい改善しているそうです。そして、キャリングからスピンに入れるようになりました。そりゃもうあっさりと。

というわけで、地味に身体も調整していきます。バランスが変わってしまったので、バックで滑るときにトウがまた引っかかるようになってしまったけど、それはもう練習でなんとかすればいい。

もっと楽しくスケートできるようになりそうなのでめちゃめちゃ楽しみです。

1年6ヶ月経過した私のレベルは?

なにかすごく前進したなあ!みたいな達成感はないですが、ストロークやクロスロールは少しずつブラッシュアップされてる感はあります。

いま思ったけど、断捨離に感覚が近い。たまにすごいK点超えするときあるけど、だいたいはほんの少しずつの進捗しかないのよね、断捨離も。

次のK点超えがあるとすれば片足スピンとか1回転ジャンプですかね。身体のバランスがだいぶ落ち着いてきたので、そろそろジャンプレッスン再開すると思います。

できるようになったこと

  • クロスロール(フォア・バック)のブラッシュアップ
  • ツイズル1回転

練習中

  • 両足スピン(10回転)
  • 片足スピン(5回転)
  • クロス+モホーク
  • ビハインドクロス+モホーク
  • FOスリーターン+クロス
  • FIスリーターン+クロス
  • FOスリーターン+チェンジエッジ+クロス
  • FIスリーターン+チェンジエッジ+ビハインドクロス+モホーク
  • スリージャンプ(ワルツジャンプ)
  • ダブルスリーターン
  • クロスロール(フォア・バック)ブラッシュアップ
  • ツイズル1回転

できること

なんとなくそれなりに形になってきたものを記載。
もちろんですが、ブラッシュアップはまだまだ必要なものばかりです。

  • ひょうたん(フォア、バック)
  • 両足スネーク(フォア、バック)
  • ストローク(フォア、バック)
  • 片足滑走(フォア、バック)
  • 片足スネーク(フォア、バック)
  • クロスロール(フォアフロント、バックビハインド)
  • クロス+チェンジエッジ(フォアビハインドクロス、バックフロントクロス)
  • クロスオーバー(フォア、バック)
  • 両足スリーターン(フォア、バック)
  • スリーターン(FO, FI, BO, BI)
  • ダブルスリーターン(FI→BO、FO→BI)
  • オープンモホーク(FI)
  • ストップ(イの字、ハの字、逆T字)
  • セミサークル(FO, FI, BO, BI)
  • スリージャンプ
  • ツイズル(1回転)

来月の目標

身体のバランスが変わってエッジの良いところに乗る練習からやり直しになりました。良い機会なので、このタイミングで徹底的に『エッジの良いところに乗る』を練習しようと思ってます。

バックのスリーターンがもうちょっとなんでもないことのようにできるようになりたいのと、スリーターンやモホークをもっとスピードある状態からできるように練習していこうと思います。

あと、片足スピン。先生から『そろそろ片足やりませんか?』って2週連続言われてるので 笑 本腰入れて練習します。

  • 両足スピン(10回転)
  • 片足スピン(5回転)
  • なにかしら1回転ジャンプ跳びたい!
  • スリーターンのブラッシュアップ
  • モホークのブラッシュアップ
  • ダブルスリーターン
  • 片足スネーク(フォア・バック)
  • バッククロスロール(トウノイズ撲滅!)
  • いろんなステップに挑戦したい!

成長記録のすべての記事の一覧はこちら

大人のフィギュアスケートのはじめかた(総集編)