韓国のアイスショーの昌磨の元気な笑顔を見ていたら、なんだかこっちも元気になった。

満知子先生、美穂子先生のいるグランプリ東海クラブを卒業するというオフィシャルサイトで公表と同時に韓国のアイスショーのために旅立ってしまったしょまさん。

すごいタイミングで公表するなー、マネジメント会社やるなー、と変な感心をしていたのもの束の間。

寂しかったり切なかったりそれなりにショックを受けたり、しょまさんを(勝手に)案じたりするファンにとっては、このアイスショーへの参加が本当に救いになったというか。

もう、わくわくしかなかったですね、この数日間w

この投稿をInstagramで見る

첫날 마무리! 내일도 힘!💪

이준형 JuneHyoung Leeさん(@figure_june)がシェアした投稿 –

最初、会見の様子を見たときは「あれ?顔が疲れてる?」と思ったんだけど、韓国遠征組からファンミの写真がどんどんアップされていくのを見て、「ああ、めっちゃ楽しそうにしてる」と一安心。スイちゃんがジャージのサイズを見てたり、ものすごい萌え袖になってたり、アイアンマンで恥ずかしがりまくってたり、寝顔つんつんされたり。

2018-2019シーズンは昌磨さん自身の心境の変化なのか、無邪気な笑顔でキャッキャしてる感じがあんまりなかったし、クラブを離れるっていう発表の直後だったし、このアイスショーの間ずっと出てた無邪気な笑顔で、「ああ、しょーまは大丈夫」って思えたのがすごい助かった。ほんとうに救いになった。

スイハン組には感謝しかない。

グレスピもATAもほんとうに素晴らしかったし、ショーの照明との相乗効果でかつてないほどのパフォーマンスだったんじゃないかなって。SBS公式サイトの動画を延々とリピートしている人もかなりいそう。


ずっと満知子先生、美穂子先生のところで頑張るものだと思い込んでいた私。引退まで『純国産』の選手でいるもんだと思ってたんですよ。昌磨さん海外苦手だし。なにより、先生たちへの信頼とか、自分が結果を出すことで先生たちの指導力を証明したいと考えているところとかね、そういうのがあるから海外に出ることなんてないんだと思ってた。

それが、ものすごく慎重に言葉を選びながら「覚悟」という言葉を使ってみたり、その言葉の重みを自分でどんどん増していってたりで、「あれ?海外合宿くらいではこんな重たい話し方しないはず?」と感じて。

そしたら案の定「卒業」という公式発表。

ちょっと心の準備はできてたけど、それでもやっぱり、衝撃ではあった。ショックではなくて衝撃ね。そんなときに、昌磨さん本人はもう日本を出て韓国に行っちゃってて。最初はこのタイミングの良さに、このままインタビューとかなしでしばらく音信不通になるのは嫌だなと思ってたけど、まったく逆の結果になった。たくさんの笑顔が日本に届いたし、素晴らしい演技が届いたし、なにより「ああ、昌磨はどこに行っても大丈夫だな」って安心感が届いたというか。

なにさま的な言い方をしてしまうと「好きにしなさい、応援してるから」みたいな感じになった。勝手に達観したw

日本人選手ひとりで乗り込んでも、言葉の壁があっても、あれだけみんなから可愛がられる(いい年の人つかまえてそういう書き方もどうかと思うけど)なんて、才能としか思えないや。もうどこに行っても大丈夫な気がした、まじで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です